【和訳】Samba De Uma Nota Só – Antonio Carlos Jobim

ボサノバ界の巨匠アントニオカルロスジョビンによる作曲、この音楽それ自体に言及する構造になっており、取り組みとして面白いがそれが曲の完成度を犠牲にしていないところが素晴らしい。最初は単音の連続だが次のバースでは見事に歌詞で言及しているとうり全音使われている。1963年にスタンゲッツと組んだアルバムJazz Sambaがビルボード200の一位を取得した。

 

Eis aqui este sambinha
ここにあるのは小さなサンバ

Feito numa nota só
一つの音だけで作られた

Outras notas vão entrar
他のノートも入るが、

Mas a base é uma só
基本的には一つ

Esta outra é conseqüência
これが別のシーケンスだ

Do que acabo de dizer
さっき言ったように

Como eu sou a conseqüência Inevitável de você
僕が君にとって避けられないシーケンスということのようにね

Quanta gente existe por aí
外にどれだけいるだろうか

Que fala tanto e não diz nada
喋りすぎて何も言えてない、

Ou quase nada
またはほとんど何も言えてない人が

Já me utilizei de toda a escala e no final não sobrou nada,
今全部のスケールを使ったが、結局何も残ってない。

Não deu em nada
結局何ももたらさない

E voltei pra minha nota
そして、僕の音に帰ってきた

Como eu volto pra você
僕が君に帰るように

Vou contar com minha nota
この音を頼りにしている

Como eu gosto de você
僕が君を好きなように

E quem quer todas as notas
それで全部の音が欲しい人は

Re mi fá sol lá si dó
レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド

Fica sempre sem nenhuma 
いつも一人でにとどまる

Fique numa nota só
たった一つの音にとどまる

サイト運営メンバー募集!!

サイトのリニューアルに伴って一緒に運営してくれる方を3人ほど募集します。 洋楽が好き、和訳の勉強をしている、新曲に敏感な方、などを集めて趣味感覚で活動していきたいです((・ω・)〆 興味がありましたら leie.bitagala@gmail.comまでお願いします!話を聞くだけ、質問だけでもかまいません!どうぞお気軽にメールください〜^^

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です