【和訳】As time goes by- Herman Hupfeld

ハーマンフップフェルドによって1931年に書かれた1942年公開の映画「カサブランカ」によって一気に有名になった。劇中ドニーウィルソン扮するサムがジャズアレンジのピアノの弾き語りで演奏するシーンが印象的でラブストーリーとしての完成度を高めた。

 

You must remember
きみは覚えなきゃいけない

this A kiss is just a kiss,
このキスはただのキス

a sigh is just a sigh.
ため息はただのため息

The fundamental things apply
基本的なことは一緒

As time goes by.
いくら時が経とうとも

 

And when two lovers woo
愛するものが二人求愛し

They still say, “I love you.”
未だに「愛してる」という

On that you can rely
それに君は依拠できる

No matter what the future brings
未来が何を連れてこようとも

As time goes by.
いくら時が経とうとも

 

Moonlight and love songs
月の光とラブソング

Never out of date.
時代遅れにはならない

Hearts full of passion Jealousy and hate.
心いっぱいの情熱、嫉妬、憎悪

Woman needs man And man must have his mate
女は男を必要とし、男は連れをもたなくちゃならない

That no one can deny.
だれも否定できない

 

It’s still the same old story
まだいつもの古い話

A fight for love and glory
愛と栄光のために戦い

A case of do or die.
やるか死ぬかの状況

 

The world will always welcome lovers
世界はいつだって愛のある人間を歓迎するだろう。

As time goes by. 
いくら時が経とうとも

サイト運営メンバー募集!!

サイトのリニューアルに伴って一緒に運営してくれる方を3人ほど募集します。 洋楽が好き、和訳の勉強をしている、新曲に敏感な方、などを集めて趣味感覚で活動していきたいです((・ω・)〆 興味がありましたら leie.bitagala@gmail.comまでお願いします!話を聞くだけ、質問だけでもかまいません!どうぞお気軽にメールください〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です