【和訳】The Sound Of Silence – SIMON & GARFUNKEL

サイモン&ガーファンクルによる名曲、1966年にビルボードの一位にもなった。映画「卒業」にも使われ日本のオリコンでも一位をとり有名となった。静かに囁くような唄い方とミステリアスな歌詞、フォークギターの透き通った物悲しいサウンド、二人のパーフェクトなハモりはただただ鳥肌モノの感動。

 

Hello darkness, my old friend
闇よこんにちは、古き友よ

I’ve come to talk with you again
きみに再び話にきた

Because a vision softly creeping
ある幻影が忍び寄り

Left its seeds while I was sleeping
僕が寝ている間に種を残し

And the vision that was planted in my brain
頭の中で立てた幻影

Still remains
未だ残っている

Within the sound of silence
静寂の音の内部で

In restless dreams I walked alone
絶え間ない夢の中を一人で歩いた

Narrow streets of cobblestone
丸石の細い道

‘Neath the halo of a streetlamp
街灯のハローの下に

I turned my collar to the cold and damp
寒さともやのため襟を折った

When my eyes were stabbed by the flash of a neon light
ネオンの光で目が眩んだ時

That split the night
夜が裂けて

And touched the sound of silence
静寂の音に触れた

And in the naked light I saw
剥き出しの光の中で僕は見た

Ten thousand people, maybe more
一万人の人間を、おそらくもっと

People talking without speaking
しゃべらずに会話している

People hearing without listening
聞かずに聞いている

People writing songs that voices never share
声が決して届かない歌を書く人

No one dare
誰も我慢できない

Disturb the sound of silence
静寂の音を遮ることを

“Fools” said I, “You do not know
「バカ」言った僕は、きみはしらない

Silence like a cancer grows
癌のような静寂が育ってる

Hear my words that I might teach you
きみに触れるかもしれない僕の言葉を聞いて

Take my arms that I might reach you”
きみにとどくかもしれない腕を取って

But my words like silent raindrops fell
静かな雨だれの落ちるような僕の言葉と

And echoed in the wells of silence
井戸の静寂のエコーの中で

And the people bowed and prayed
そして人間は礼をして祈る

To the neon god they made
彼らのつくったネオンの神

And the sign flashed out its warning
その看板は忠告を光り示す

In the words that it was forming
かたどられた言葉の中に

And the sign said “The words of the prophets
それは「預言者の言葉は

Are written on subway walls
地下鉄の壁と

And tenement halls
アパートのホールに書かれている」と

And whispered in the sounds of silence”
そして、静寂の音の中で囁いた

サイト運営メンバー募集!!

サイトのリニューアルに伴って一緒に運営してくれる方を3人ほど募集します。 洋楽が好き、和訳の勉強をしている、新曲に敏感な方、などを集めて趣味感覚で活動していきたいです((・ω・)〆 興味がありましたら leie.bitagala@gmail.comまでお願いします!話を聞くだけ、質問だけでもかまいません!どうぞお気軽にメールください〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です